[ホーチミン市] 日本人小児科専門医 - 吉松医師・森医師の経歴
Hinh-anh

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

吉松 昌司 医師 (写真左)

 

診療科: 小児科

国籍: 日本

言語: 英語, 日本語

性別: 男性

 

吉松医師は、高校時代にインドでハンセン病患者に出会い、その様な病気が存在することに大きく衝撃を受け、そんな人達を助けたいという想いから、医 師になる ことを決意しました。2000年に筑波大学医学部を卒業後、小児科専門医として活躍。結核予防会結核研究所に所属し、フィリピン、カンボジア、ガーナにて 小児結核や感染症のプロジェクトに携わりました。そして、2012年には筑波大学にて医学博士号を取得しました。

 

2018年6月にファミリーメディカルプラクティスに着任するまでは、国立病院機構 南京都病院にて診療にあたり、発達障害を持ち不登校などに悩む小・中学生の子供達のサポートもしてきました。

幼・ 小児期・思春期の子供達は、それぞれの段階で、それぞれの課題があり、困難を乗り越えていくことで成長していきます。その過程で大切なことは、その子供達 の特性を理解した上で、彼らの能力を育んでいくこと。子供達にどのような能力があり、彼らがその力を、自分のためにも、社会のためにも、どうやって発揮で きるか ということを考えていくことが重要です。」と、吉松医師は言います。

 

吉松医師は、東南・南アジア地域 で の保健医療協力に高い関心を持ち、小児科医として臨床研究やJICA・結核予防会などからの派遣で協力してきましたが、より深く関わり長期で貢献していき たいと考えていました。ある国に滞在していた際に出会った、日本人在住者達からの 「日本人向けのクリニックがあれば、安心して家族を連れて来られるのに」 という言葉が今でも忘れらないと言います。ベトナムにおいても、邦人・外国人ファミリーが安心して生活できるようにサポートをしていきたいと考えていま す。

 

また、ファミリーメディカルプラクティスでの診療を通し、特に小児結核専門家としての知識や経験を活かし、ベトナムの医療水準向上に貢献したいと考えています。

 

プライベートでは、子供を連れて散歩したり、自転車に乗って、リラックスします。

 

学歴・職歴

 

2000年  筑波大学 医学専門群 卒業

2001年  筑波大学付属病院小児科

2002年  日立総合病院新生児科

2003年  県西総合病院小児科

2004年  茨城県立こども病院小児科

2008年  西南医療センター病院小児科

2011年  筑波学園病院小児科

2012年  筑波大学大学院博士課程人間総合研究科  医学博士 修了

2015年  結核予防会結核研究所

2018年  国立病院機構 南京都病院小児科

 

***************************************************************************************************

 

森 崇晃 医師 (写真右)

 

診療科: 小児科・救急科

国籍: 日本

言語: 英語日本語

性別: 男性

 

森医師が医師を目指したきっかけは、幼少時に出会った小児科医に憧れを抱いたことでした。

 

2018年8月にファミリーメディカルプラクティスに着任するまでは、シンガポールで最大規模のKK Women’s and Children’s Hospital に小児科・救急科専門医として勤務していました。それ以前は、千葉県の亀田メディカルセンター、神奈川県立こども医療センター、東京都立小児医療センターなどにて診療にあたっていました。

 

日本では珍しい小児科・救急科専門医で、小児救急診療において超音波検査を積極的に導入し、患者に被爆の少ない検査を提供するなど、医療現場を改善する影響力を持つ頼もしい存在です。

 

日本で医師としての経験を積む中、日本と海外での医療の違いを知りたいという気持ちが膨らみ、また、自分の知識やスキルを海外在住のみなさんをサポートするために役立てたいという想いから、海外で医師として従事してきました。

 

小児科・救急科専門医として、子供の突然の病気やケガに、世界的スタンダードで治療を行い、ベトナムにおける小児救急システムの発展にも貢献したいと考えています。

 

プライベートでは、アジアの国々を旅行し文化や人に触れ合ったり、スキューバダイビングをして過ごします。

 

 

学歴・職歴

 

2005年   関西医科大学医学部医学科 卒業

2007年   大阪市立大学付属病院

2009年   亀田メディカルセンター小児科(千葉)

2011年   神奈川県立こども医療センター

2017年   東京都立小児総合医療センター救命救急科

2018年  KK Women's and Children's Hospital, Singapore

 

その他のサービス: