[ハノイ ] 子宮頚がん予防ワクチン(HPV) プロモーション
ヒトパピローマウイルス(HPV)は、代表的な性感染症の1つです。主に性行為や皮膚の接触を通じて感染し、知らないうちに何度も感染を繰り返すこともあります。主に子宮頸がんは、特定の型のHPVによって引き起こされ、女性では乳がんに次いで、2番目に多いがんとなっています。
子宮頚がんの早期発見には、スクリーニング検査を受けることが大切です。また、子宮頸がんの約半数は、ワクチン接種によって予防できると期待されています。HPV感染予防の為にワクチンの接種がおすすめです。このワクチンは、9歳から26歳までの女性が対象です。(計3回接種要)
“国際女性の日”のプロモーションといたしまして、子宮頚がんワクチンおよびスクリーニング検査を特別価格にてご提供させて頂きます。

先着50名様限定特別割引

 

先着50名様に限り、40%オフでご提供

 

通常価格 3,410,000 VND
2,045,000 VND /回(税込)
※計3回の接種は一括払いとなります。

 

本プロモーションは2018年3月1日から31日まで
・ HPV感染スクリーニング検査(420,000VND)をご希望の際は、別途、婦人科医の診察料がかかります。※ただし、スクリーニング検査によりHPVワクチンを3回接種する場合は、後日診察料は返金させて頂きます。
・ 妊婦又は妊娠している可能性のある方は医師に相談
・ HPV感染症及び子宮頸癌、肛門癌、咽頭癌のリスクを軽減させるため、男性にもHPVワクチン接種をおすすめ致します。
保護者の皆さまへ: 「うちの子供にもHPVワクチン接種は必要なの?」

HPV(ヒト パピローマウィルス)は性行為以外では感染しません。 また、HPV感染自体はごく普通におきる事で、多くの場合はHPVに感染しても、免疫が働いてHPVが自然排除されますが、HPVに対する自然免疫は獲得されにくい上にあまり長く効果が続かないため、HPVワクチンを接種することで、より強い免疫を長期間維持できるため、HPVの感染を防ぐことができます。


子宮頚がん予防ワクチンは世界保健機構(WHO)が接種を推奨し、多くの先進国では公的接種とされています。
日本でも2013年4月より定期接種となりました。近年では性の低年齢化により、罹患年齢が下がってきているため、接種は10歳代で、できるだけHPVに感染する前に済ませておくことをおすすめ致します。

お問合せ・ご予約は:
日本語デスク (024)3843 0748 ※音声案内後、日本語「3」を選択
Jp_fmp@vietnammedicalpractice.com


FAMILY MEDICAL PRACTICE HANOI
298 I Kim Ma, Van Phuc Diplomatic Compound, Ba Dinh, Hanoi

その他のサービス: