FMPハノイクリニックに 新しく小児科医 &内科医が着任致しました!

シュシュノフ小児科医、ナルパス内科医がFMPハノイで勤務を開始致しました。 皆さまの心強いホームドクターとして、健康づくりのお手伝いをしていきます。

 

DrShushunov.jpg

セルゲイ・シュシュノフ小児科医

小児科医として米国で40年以上の診療経験を持つ。イリノイ大学及びミネソタ大学の研修医として小児科と小児救急救命科に勤務後、1989年小児科医師免許および1990年小児救命救急医師免許を取得する。

その後、いくつかの大学病院やコミュニティーにて新生児から青少年、成人の診療に従事し、米国内に2つの小児集中治療室を立ち上げる。イリノイ大学およびカンザス大学では教職員として、医学生や小児科研修医の教育・指導に従事する。

加えて、彼は西洋医学だけでなく、カリフォルニア大学やイリノイ大学で、鍼治療や生薬学を学び、伝統医学についても精通する。

ここ数年間は、集中治療室での“新しい体温管理システム”の開発に注力する。

シュシュノフ医師は、すでに2つの特許を取得し、複数の論文審査のある専門誌に自身の論文を掲載している。
彼の趣味は、医術のほかには、ボートセーリング、演劇、映画、文学、芸術、ジャズなど多岐に渡る。

 

 

Dr-Mathieu-Nalpas.jpg

マテュー・ナルパス内科医


フランス・リール第2大学医学部を卒業後、カナダのマギル大学で高次外傷救命処置(ATLS)、フランスでは、リール大学で感染症学、熱帯医学、アンティーユ・ギュイアンヌ大学で抗感染療法、ワクチン学、パリ第13大学で赤道気候での医療救命を学ぶ。


今夏まで、仏領ガイアナのカイエンヌ病院の救急外来をはじめ、ニューカレドニアにて多数の診療所に勤務。また、国境なき医師団に参加し、南部カレーや北部グランド=シント難民キャンプ内で診療にあたる。

 

 

 

 

エリザベス・ブランチ産婦人科医

エリザベス・ブランチ産婦人科医が、休暇からハノイクリニックに戻りました。

引き続き、皆さまの診療にあたります。

シュシュノフ小児科医、ナルパス内科医、エリザベス産婦人科医のご予約は、下記までご連絡下さい。

ファミリーメディカルプラクティス ハノイ:298 I Kim Ma, Ba Dinh, Hanoi
電話:04 3843 0748 ※音声案内「3」日本語を押してください
メール:jp_fmp@vietnammedicalpractice.com
その他のサービス: